金融車 - 危険な金融車購入の前に読んでください

金融車は通常の車とは違うワケあり車です。金融車購入の前に当サイトで金融車の危険性について調べて見て下さい。継続車検の問題、名義の問題など様々ありますので迂闊に手を出さない為にも、まずは情報を調べるようにしていきましょう。

金融車 - 危険な金融車購入の前に

金融車って何、少し疑問が湧いたのでとことん調べてみました。詳細な説明の前に言っておきますと、”あえて言うならば、ワケあり車”相当慎重に考えたほうがいいですよと言う事ですね。ではその事を踏まえながら、参考にされてください。

金融車って何だろう?

@マイカーローンが払えなかった場合などに、信販会社・融資会社に取り上げられてしまった車の事です。
A何らかの事由・理由で金融系会社に取り上げられた車の事です。

上の二通りが考えられ、@については、信販会社でローンを組んだ時に、車検証の所有者の欄に信販会社の名前が載っているのですが、その名前の信販会社が車を引き上げた場合は、その信販会社の書類(印鑑証明等)が揃えば名義変更できます。この場合、信販会社は車を早く現金化したいわけですから、当然書類は提出されます。

Aの場合ですが、きちんと考えると少し見えてくるのですが、本当に金融車だからと言って書類が揃わないのでしょうか、そう理解すると盗難車の可能性があるのではと言うところに行きついてしまいます。

上記のように、購入した車が自分の車だと思っている人は、まず車検証を確認してください。所有者がディーラーや信販などのローン会社になっているはずです、あなたは単に使用者に過ぎないという事です。

ローンで購入した際は、冷静に判断すると、ほとんどの人が他人の車に乗っていると言う構図になるのです。自分で頑張って買ったつもりの車が、実は自分の所有車ではない、しかもローン期間中は名義変更したり、自由に売り渡したりできないのが金融車の現実なのです。

金融車であろうとローンの残債さえ完済できれば、名義変更もできるという事もまたいえるのですが。すんなりいかないケースもあるようで、時には盗難車であったり、恐い系の方が絡んだりと色々あるようです。だからと言って全てがダメかと言えばそんな事はありません、信頼のおける販売会社とか、最近ではオークションなどもあります。そして、その最大の魅力はやっぱり安い事と、良い車(グレードの高い車)であるという事です。

ただ冒頭でもお伝えしたように”ワケあり車”ですから、慎重に行きましょう。
                    

金融車 - 危険な金融車購入の前に読んでください